ADD


超低温保冷剤

超低温保冷剤のご使用と販売について

超低温保冷剤のご使用と販売について 

当社の超低温保冷剤をご使用になるには、当社フリーザーの-120℃以下の冷却能力が必要です。
保冷剤の主成分は、完全に凍結することで超低温状態を保持します。凍結できていない状態では、低温保持能力が発揮できません。
また、超低温状態を保持するために、当社保冷剤は独自の成分と配合により、-120℃以下でのみ凍結するように調合しています。
そのため、一般的な家庭用フリーザー、冷凍食品用フリーザー、-100℃未満のフリーザー、ドライアイスなどでは凍結できません。
また、液体窒素を使用して凍結できないかとご相談をいただくことがございますが、保冷剤が完全凍結するまで冷却するには、大量の液体窒素と、耐極低温容器、換気設備、超低温倉庫などが必要となるうえに、急激な温度変化で封入容器が破損する場合があり、お勧めできません。
従いまして、当社の保冷剤は当社製フリーザーご購入のお客様にのみ販売とさせていただいております。

超低温フリーザー専用 成型ブロー容器保冷剤

超低温フリーザー専用 成型ブロー容器保冷剤 

品名 『クライオパック』 温度 ‐80℃以下を保持
※当社フリーザーでの凍結が必要です。
外形寸法 サイズ(mm)200×280×25
 内容量(g)820
※1サイズのみのご提供となります。
保持時間 当社フリーザーと併用の場合、-80℃で26時間。

-120℃超低温のフリーザーで凍結することで、市販保冷剤では保持できない驚異の-80℃以下の保持を実現。
液体窒素の空間保冷の代替として先端医療業界等からご要望で生まれた製品。
※特許出願中



超低温フリーザー専用 成型ブロー容器保冷剤

超低温フリーザー専用 成型ブロー容器保冷剤 

品名 『エコドライアイス』 温度 ‐45℃以下を保持
※フリーザー能力によります。
外形寸法 Sタイプ:サイズ(mm)100×150×25
 内容量(g)280
Mタイプ:サイズ(mm)140×200×25
 内容量(g)580
Lタイプ:サイズ(mm)200×280×25
 内容量(g)1,120
保持時間 ドライアイスと同等以上の空間温度を保持。

-120℃超低温のフリーザーで凍結することで、市販保冷剤では保持できない-45℃以下の保持を実現。
ドライアイスの代替として物流・食品・医療業界等からご要望で生まれた製品。
※特許出願中



カタログ(PDF)

超低温フリーザー専用保冷剤『エコドライアイス』